外国人の方の賃貸契約について

お住まいを借りるときには、入居審査があります。必要な条件や書類等確認しておきましょう。
また日本語が話せることで審査が通りやすくなると言われています。
不動産会社や大家さんと意思疎通が取れると、急な連絡や自己等の際にも安心なことと、入居時の書類の記入が日本語の場合が多いことも関係しています。

 

賃貸契約に必要な条件

支払い能力がある。

仕事についているかが重要になります。
仕事が内定している状態の方は、会社から内定証明書を書いてもらうことで信用してもらえます。毎月家賃が払えるのか審査されるので、求められた書類は用意しましょう。

 

在留資格

日本に入国・在留することが許可されていることが必要です。

 

連帯保証人

連帯保証人が準備できるかは、入居審査でも重要視されています。
日本人の連帯保証人を準備することができれば、入居審査が通りやすいですが準備できない方も多くいます。
日本に滞在している外国人に向けた、連帯保証会社もあるのでご相談ください。

 

外国人の方が賃貸契約時に必要な書類

外国人の入居審査では、身元確認の書類を提出することが一般的です。以下の書類は役所等で発行される書類なので多くの在留外国人の人は問題なく提出できるでしょう。

・パスポート
・住民票の写し
・勤務証明書
・在学証明書
・収入証明書
・終了資格証明書
・資格外活動許可証

Leave A Comment